1. >
  2. おおいに失望した電子書籍

おおいに失望した電子書籍

電子書籍が登場し始めた頃、これで複数の本をいつもカバンに入れて持ち歩く必要はなくなるのだと嬉しく感じたものです。

私の頭のなかでは専門書から小説までありとあらゆる本が新刊書ならすべて電子書籍で読めるようになると、勝手に考えていたのです。

ところが、ごく一部の書籍のみが、しかも紙媒体の書籍とほとんど変わらない価格で販売されているのを知って、急激に興味を失いました。

流行小説だけを手広く読むのであれば確かに便利なのでしょうが、学術書、専門書まで幅広く読む人にとってはまったく役に立ちません。

今後、おそらくこの方向性は変わらないでしょうね。結局は重い本を持ち歩かなければならないようです。

電子書籍は、あまり読みませんが、紙の本はもっと読みません。

電子書籍で、無料のものや、買った本(資格取得用)に付録としてあったものは、読んだことがあります。

正直、紙の本に慣れているので、読むのに疲れました。

ただ、家に本を置いておくのは場所を取るので、まったく本も雑誌も買わないので、購入するなら電子書籍だと思っています。

それでも、電子書籍用の端末を用意するつもりはなく、パソコンやスマホなど、すでに手元にあるハードで読みたいです。

これからは、漫画も含めて、電子書籍が多くなるのではないかと思います。

出版するのも、手軽で安くできそうですし、ハードルが低くなる気がします。

今や無料で読める文章が、世の中にあふれていますから、いずれにしても、あまり売れない気はしますので、これからまだいろいろ試行錯誤があるんじゃないかと感じています。

本とは何か

近年どんどんと様々な便利ツールが生まれていく中で、電子書籍もそのひとつと捉えています。今までは本を購入するといえば街の本屋に古本屋、ネットと選択肢が色々とありましたが、電子書籍となると購入者側の選ぶ選択肢が増えたなぁと思うと同時に紙とインクでしか味わえない本の良さを知らない子供がこれからの時代に出てきてしまうのではないかと心配になる部分もあります。その反面、場所を取らず、劣化することのない電子書籍の魅力にも魅せられてしまっています。

このページのトップへ