1. >
  2. 電子書籍の感想とこれからの課題

電子書籍の感想とこれからの課題

今まで電子書籍を購入したことはないのですが、サイトの立ち読み程度ならあります。基本漫画本限定なのですが、私がしたいこと、気になることが出来た時には、電子書籍のサイトを眺めることがありますが、この時代ほとんどが携帯電話で検索すればほとんどが解決するので、利用するときがくるのか正直わかりません。電子書籍のいいとこはいつでも気に入った本が読めるところだと思います。悪いところはスマホで見る方がほとんどだと思うので、画面が小さく見にくいですし、大きくして画面をずらしてと繰り返してたらちょっと疲れるかなぁ?と思います。そこらへんを改善していだくれれば購入の可能性も出てくるかと思います。

知人の電子書籍談

私の知人は、電子書籍を購入してみています。電子書籍用のタブレットを持ってみているのですが、わざわざ電子書籍見る用のタブレットまで必要なのでしょうか?そこのところを知人に聞いてみたところを、自分の気分、どういう本が見たいか、などを検索すれば出てくるところがいいと話していました。正直私は電子書籍を購入したことないので、良さがわからないのですが、本が好きな人にはとてもいい物なんだと実感致しました。私もスマートフォンだけではなく、タブレットを持っているので、何か機会があれば購入、立ち読みをして見たいと思います。

電子書籍と紙の本の使い分け

電子書籍のいいところは、端末があればいろいろな種類の本がいつでも読めるところだと思います。紙の本であれば何冊も持ち歩かなければならないところを薄い端末一つでいいので、かなりの軽量化であると言えます。しかし、私は紙の本には紙の本の良さがあると思います。紙をめくる感触や、残りがどれくらいなのかから先を想像してみることは、電子書籍ではなかなかできません。したがって、私は先を予測する必要のない啓発本などは電子書籍で、小説は紙の本で読むのがいいと思っています。

このページのトップへ